So-net無料ブログ作成

ぶるんぶるんぶー! [4歳]


ぶるんぶるん ぶー! (講談社の幼児えほん)

ぶるんぶるん ぶー! (講談社の幼児えほん)

  • 作者: 新井 洋行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/03/13
  • メディア: 単行本


動物の子ども達が園バスに乗っていて、その後部の窓から見えるところに、車がぶるんぶるんとやってきて、ぶーっと全体の姿が見えるというくりかえしのある絵本。
車の種類がいろいろと変わっていくのと、何となく文字が読めるようになったので、自分が読めると言うのが楽しいようです。
縦長になるのも、普段の絵本とは違っていて楽しいと言っていました。
道が長く見えると言っていたので、そういう効果も狙っての縦長なのかな。
すぐに終わってしまいますが、内容を覚えやすいみたいで、一人でも読み聞かせでも読んでいます。

タグ:新井 洋行
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ごろごろにゃーん [4歳]


ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集)

ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集)

  • 作者: 長 新太
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1984/02/15
  • メディア: 単行本


カニツンツンがおもしろかったなら、これも面白く読めるのではないかと図書館で借りました。
ひこうきはごろごろ、ねこたちはにゃーんにゃーん ないています
という文章で始まり
ごろごろにゃーん ごろごろにゃーんとひこうきはとんでいきます
と続きます。
いろいろなイラストのなかからひこうきがおしっぽをかじられているのをみつけてよろこんだり、猫たちが魚を食べているのをみつけたりしていました。
ごろごろにゃーんという音の響きを気に入ったようで、なにかとごろごろにゃーんと言いながら動かしていました。


タグ:長 新太
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

カニ ツンツン [4歳]


カニ ツンツン (こどものとも傑作集)

カニ ツンツン (こどものとも傑作集)

  • 作者: 金関 寿夫
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2001/10/31
  • メディア: 単行本


娘が息子に読むと借りました。
娘がおおはまりした、 元永 定正さんのイラストの絵本。
ころころころ、もこもこもこ も大好きだったので、はまるかなと思っていたら、ゲラゲラ声を上げて笑っていました。
絵本の内容は、いろんな民族の言葉と、作者の方の造語を並べた、言葉の音の響きを楽しむ絵本だと思います。
何年かぶりに読んだ娘は、言葉に意味があったことに初めて気がつき、こんな意味があるんだと感心していました。
読みながら、カニツンツンのツンツンの部分だけつんつんと息子を指で突っつきながら読むと、更にリピートを請求されて、練る前に読む絵本としては不向きになりました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

にゃんきっちゃん [4歳]


にゃんきっちゃん (福音館の科学シリーズ)

にゃんきっちゃん (福音館の科学シリーズ)

  • 作者: 岩合 日出子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2008/05/15
  • メディア: 単行本


にゃんがこっち見てると図書館にて。
猫が可愛いからと言って借りてみました。
表紙のにゃんきっちゃんの写真集な雰囲気で、四季折々のにゃんきっちゃんの姿が可愛らしかったです。
いいなぁ猫。と言いながら息子と一緒に楽しみました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ひきだし [4歳]


ひきだし (あけて・あけてえほん)

ひきだし (あけて・あけてえほん)

  • 作者: 新井 洋行
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2009/10/06
  • メディア: 単行本


引き出しが開いて、必要なものが出てきて、男の子が外へいくお支度をする絵本。
主人公が男の子だからか、自分一人で支度が完璧に出来るようになってきたからか、ひらがなが全部読めるわけではないので、書いてある通りの内容ではないけれど、一人でも気に入って読んでいます。
読んであげるならもうすこし年齢が下でもいいけれど、自分で読み始めるなら丁度なのかなと思います。

タグ:新井 洋行
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る