So-net無料ブログ作成

ころちゃんはだんごむし [3歳]


ころちゃんはだんごむし (かわいいむしのえほん)

ころちゃんはだんごむし (かわいいむしのえほん)

  • 作者: 高家 博成
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 1998/06/20
  • メディア: 単行本


ダンゴムシのころちゃんが主人公。
お姉さんたちとご飯のあとにお散歩に出かけていると、いつの間にかみんなとはぐれてしまいます。
そこをかまきりに襲われてしまいますが、お母さんの言いつけどおりくるんと丸まって難を逃れます。
また、モグラに襲われそうになりますが、今度は蝉の幼虫に助けてもらいます。
みんなが探しにきてくれて合流した後に、蝉にお礼を言っていると脱皮して成虫に。
それをみていたダンゴムシたちも皮を脱ぎ、ちょっぴり大きくなりました。

可愛らしく描かれていますが、カマキリも蟬も虫の特徴がよく描かれています。
リアルと言うほどでは無いのですが、虫嫌いな人には向かないかも知れません。
息子は園庭の石をひっくり返したり、植木鉢の底をのぞき込んだりして、ダンゴムシで遊んでいるので、この絵本も大好きでした。
かわいいむしのえほんというシリーズであるようなので、他のものも読んでみようと思います。
姉は虫がそんなに好きではなかったので、選ばなかった絵本で、新鮮な気持ちでこんな絵本もあるんだと読みました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

つみきくんとつみきちゃん [3歳]


つみきくんとつみきちゃん (絵本のおもちゃばこ)

つみきくんとつみきちゃん (絵本のおもちゃばこ)

  • 作者: いしかわこうじ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/08/20
  • メディア: 単行本


つみきくんのとなりの家に、つみきちゃんがやってきました。
ふたりは公園に遊びに行きます。
ブランコや砂場で遊んだあと、シーソーをしているとわんちゃんが「これはおいらのシーソーだぞ」。
滑り台であそんでいると「これもおいらのすべりだいだぞ」といじわるしてきます。
そこで、つみきくんとつみきちゃんはおおきな怪獣に変身して「ここはみんなのこうえんだぞ」と、わんちゃんに言います。
最後はつみきくんとつみきちゃんはおどろかせたこと、わんちゃんはいじわるをしたことを謝って、一緒にあそぶことにしました。

1度目に読んだ時は、わんちゃんの意地悪がすごく気に入らなかったらしく、読んでもらいながらぷりぷり怒っていました。
2度目に読んだ時は、内容がわかっていても、意地悪をするところではやっぱり怒り、いれてって言うんでしょと絵本の中のわんちゃんに言っていました。
一番最後につみきくん、つみきちゃん、わんちゃんとで遊んでいるページでは怒りも収まるらしく、ページの墨に猫がいるねとか、まだ遊んでいない場所もあるねとか、いろんな発見をしていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

もりたろうさんのじどうしゃ [3歳]


もりたろうさんのじどうしゃ (ちびっこ絵本 3)

もりたろうさんのじどうしゃ (ちびっこ絵本 3)

  • 作者: おおいし まこと
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1969/06
  • メディア: 単行本


もりたろうさんは、ゆうびんやさんです。
毎日せっせと歩いてゆうびんを配りながら、長いこと自動車に乗りたいと思っていました。
60歳で仕事をやめると、自動車教習所に通って免許証をもらいます。
これでいつでも運転ができる!と張り切りますが、自動車はどれも高く、買えたのはおんぼろの自動車。
けれどもペンキをぬったり壊れたところを修理して、赤い自動車に変身。
そこへ街に住む息子から、孫のお誕生日のお祝いに来てくださいとお手紙が来て、もりたろうさんは自動車で出かけていきます。
途中、坂道を上ってエンジンが焼けてしまったり、犬を助けてあげたり、お弁当を食べたりのんびりとすごします。
でも町に着いた途端、事件に巻き込まれて、車を盗まれてしまいます。
車は強盗と川へ入ってしまい、壊れてしまいます。
お礼を言われても、もりたろうさんの表情は晴れません。
大事な自動車が壊れてしまったからです。
翌日、銀行の人が新しい赤い自動車をプレゼントしてくれました。
そして、もりたろうさんは、息子とお嫁さんと孫と犬を乗せて奥さんへ見せに行きました。

図書館で息子が借りてきた絵本。
乗り物が好きではあるけれど、かなりお気に入りになったので、何度も読みました。
どのシーンも好きなようですが、もりたろうさんが車の整備をしているページはいつもゆっくりとめくります。
先日、珍しく父に読んでーと息子が持って行った時、しばらく読み進んでから、このお話読んだことがある。息子と同じかもうすこし上くらいの歳に。と。
興味の方向性が似るんでしょうね。
前にも一度あったけれど、こういう事が何度も起こると次にまた何か引き当ててくれないかなと思ってしまいました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

つみきくん [3歳]


つみきくん (絵本のおもちゃばこ)

つみきくん (絵本のおもちゃばこ)

  • 作者: いしかわ こうじ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 大型本


つみき工場をはりきって出たつみきくん。
船になってうみをわたり、階段になってこねこを助け、街をぬけて坂道をくだり、ある一軒の家に到着します。
到着したところで、つみきくんはケースに再び収まりますが、1つ足りないことに気がつきます。
どうしようと思っていると、こねこの家族がわすれものですよと足りなかったつみきを届けてくれました。
つみきくんは、ここのおうちの男の子のお誕生日プレゼントだったのです。

つみきくんが工場から自分でお届け先に行く様子が、冒険のように描かれていて、色もカラフルなので息子が図書館で借りました。
つみきくんが自分でいろいろなものに変わっていくのが面白いみたいで、これだけの(積木)で、船とか階段とか出来るのがすごいと言うことを言っていました。
積木やブロックが大好きなので、絵本みたいに再現したく色々と作っていましたが、同じ材料がないので出来ないと最終的にはあきらめてしまっていました。
絵本の中の世界のことが、実際に自分でも作ることが出来ると思っている様子が可愛らしかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

たまごのえほん [3歳]


たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)

たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)

  • 作者: いしかわ こうじ
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 2009/12/10
  • メディア: 単行本



タイトルにあるように、いろんな卵が出てきます。
上右下の三方にひらくページをゆっくりとひらいてゆくと、ひよこ、カタツムリ、うみがめ、ペンギンといろいろな赤ちゃんが産まれてきます。

息子は自分でページをめくりたがり、実際にめくりますが、紙が普通の絵本と変わらず、厚紙や強化されてある紙ではないので、破れてしまうのではないかと心配になります。
優しくめくれるようになっているのであれば、一人で読んでも大丈夫。
単純な繰り返しなので、何度か読んでいると字が読めなくても読めるようになってしまいました。
怪獣のあかちゃんのページ(本当は恐竜)が大好きだと言っていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る