So-net無料ブログ作成
検索選択

もりたろうさんのじどうしゃ [3歳]


もりたろうさんのじどうしゃ (ちびっこ絵本 3)

もりたろうさんのじどうしゃ (ちびっこ絵本 3)



もりたろうさんは、ゆうびんやさんです。
毎日せっせと歩いてゆうびんを配りながら、長いこと自動車に乗りたいと思っていました。
60歳で仕事をやめると、自動車教習所に通って免許証をもらいます。
これでいつでも運転ができる!と張り切りますが、自動車はどれも高く、買えたのはおんぼろの自動車。
けれどもペンキをぬったり壊れたところを修理して、赤い自動車に変身。
そこへ街に住む息子から、孫のお誕生日のお祝いに来てくださいとお手紙が来て、もりたろうさんは自動車で出かけていきます。
途中、坂道を上ってエンジンが焼けてしまったり、犬を助けてあげたり、お弁当を食べたりのんびりとすごします。
でも町に着いた途端、事件に巻き込まれて、車を盗まれてしまいます。
車は強盗と川へ入ってしまい、壊れてしまいます。
お礼を言われても、もりたろうさんの表情は晴れません。
大事な自動車が壊れてしまったからです。
翌日、銀行の人が新しい赤い自動車をプレゼントしてくれました。
そして、もりたろうさんは、息子とお嫁さんと孫と犬を乗せて奥さんへ見せに行きました。

図書館で息子が借りてきた絵本
乗り物が好きではあるけれど、かなりお気に入りになったので、何度も読みました。
どのシーンも好きなようですが、もりたろうさんが車の整備をしているページはいつもゆっくりとめくります。
先日、珍しく父に読んでーと息子が持って行った時、しばらく読み進んでから、このお話読んだことがある。息子と同じかもうすこし上くらいの歳に。と。
興味の方向性が似るんでしょうね。
前にも一度あったけれど、こういう事が何度も起こると次にまた何か引き当ててくれないかなと思ってしまいました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

つみきくん [3歳]


つみきくん (絵本のおもちゃばこ)

つみきくん (絵本のおもちゃばこ)



つみき工場をはりきって出たつみきくん。
船になってうみをわたり、階段になってこねこを助け、街をぬけて坂道をくだり、ある一軒の家に到着します。
到着したところで、つみきくんはケースに再び収まりますが、1つ足りないことに気がつきます。
どうしようと思っていると、こねこの家族がわすれものですよと足りなかったつみきを届けてくれました。
つみきくんは、ここのおうちの男の子のお誕生日プレゼントだったのです。

つみきくんが工場から自分でお届け先に行く様子が、冒険のように描かれていて、色もカラフルなので息子が図書館で借りました。
つみきくんが自分でいろいろなものに変わっていくのが面白いみたいで、これだけの(積木)で、船とか階段とか出来るのがすごいと言うことを言っていました。
積木やブロックが大好きなので、絵本みたいに再現したく色々と作っていましたが、同じ材料がないので出来ないと最終的にはあきらめてしまっていました。
絵本の中の世界のことが、実際に自分でも作ることが出来ると思っている様子が可愛らしかったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

たまごのえほん [3歳]


たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)

たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)




タイトルにあるように、いろんな卵が出てきます。
上右下の三方にひらくページをゆっくりとひらいてゆくと、ひよこ、カタツムリ、うみがめ、ペンギンといろいろな赤ちゃんが産まれてきます。

息子は自分でページをめくりたがり、実際にめくりますが、紙が普通の絵本と変わらず、厚紙や強化されてある紙ではないので、破れてしまうのではないかと心配になります。
優しくめくれるようになっているのであれば、一人で読んでも大丈夫。
単純な繰り返しなので、何度か読んでいると字が読めなくても読めるようになってしまいました。
怪獣のあかちゃんのページ(本当は恐竜)が大好きだと言っていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ぞうのふうせんやさん [3歳]


ぞうのふうせんやさん

ぞうのふうせんやさん



ふうせんやさんをしているぞうのところへ、お客さんがやってきます。
かえる風船、はりねずみ風船、うさぎちゃん風船、かぶとむし風船、しか風船とお客さんにちなんだ風船がでてきます。
おばけのアイスクリームやさんのおばけも少しだけ出てきます。
アイスクリームやさんがいる!と見つけたのは息子でした。
対象年齢はもうすこし低いような気がしますが、一緒に何度も読めて楽しいです。
短く簡単なお話なので、内容を覚えていて、自分でも読んでいます。
タグ:安西 水丸
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ちいさなねこ [3歳]


ちいさなねこ

ちいさなねこ



おかあさんねこが見ていない間に、ちいさなねこが部屋から抜け出し、走り出します。
子どもに捕まりますが、こねこは子どもの手をひっかいて逃げ出します。
自動車に轢かれそうになり、どうにか助かりますが、今度はおおきな犬にとうせんぼされて、犬のはなをひっかいて逃げます。
犬に追われ、木の上に逃げますが、犬はなかなかあきらめてくれません。
そのあとに、おかあさんねこがこねこがいないことに気がついて助けにきてくれます。
表紙の絵に息子は惹かれたみたいです。
リアルな感じが本当の猫さんみたいだと言っていました。
勝手に出て行っちゃダメよね、車危ないね、大丈夫だったね。
犬はわるものなの? 等おしゃべりしながら読みました。
最後はお母さんが加えて子猫を運んでいたので、子猫は痛くないのかを心配していました。
手がないから、お口で優しく運ぶんだよと教えると、後日こっそりぬいぐるみをくわえていました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る