So-net無料ブログ作成

ルルとララのおしゃれクッキー [7歳]


ルルとララのおしゃれクッキー (おはなし・ひろば)

ルルとララのおしゃれクッキー (おはなし・ひろば)

  • 作者: あんびる やすこ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2005/09/28
  • メディア: 単行本


まんげつの夜にまんなかの木にクッキーの実がなるといううわさをきいて、ルルとララもでかけてみます。
ところが、そのうわさは、まんなかの木にすむリスのミトンがついたうそでした。
ともだちがほしかったミトンのためにルルとララは、クッキーをつくることになりました。
娘はすっかりあんびるやすこさんのファンになったようです。
このお話も嬉々として読んでいました。
このお話にもレシピが載っていましたが、アイシングはなかなか難しそうなのでチャレンジするのには私も手伝わないと難しそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ティンクル・セボンスター はじめまして宝石の妖精モモ [7歳]


ティンクル・セボンスター1

ティンクル・セボンスター1

  • 作者: 菊田 みちよ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本


お菓子のセボンスターからイメージされたお話。
イラストがすごく多く、マンガのコマわりになっているページもあったりして、本を読むが苦手という子にはとりつきやすく、物語を読み慣れている子には物足りないかもしれません。
主人公は人間の女の子アンナ。
引っ込み思案で、クラスメイトでも緊張して上手くお話することが出来ません。
アンナが11歳の誕生日におばあちゃんからフタの開かない宝石箱をもらいます。
その宝石箱の中にいたセボンスターの宝石の妖精モモと、ペットのうさぎのマロンとともに宝石の国の女王試験に挑むことになります。
カラーイラストも多く読みやすかったようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ハーブ魔女のふしぎなレシピ [7歳]

ハーブ魔女のふしぎなレシピ―魔法の庭ものがたり〈1〉 (ポプラ物語館)

ハーブ魔女のふしぎなレシピ―魔法の庭ものがたり〈1〉 (ポプラ物語館)

  • 作者: あんびる やすこ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本
ジャレットは、ふつうの人間の女の子。 ところがある日、ふしぎな手紙がとどいて、ハーブ魔女トパーズの家を相続できることになったのです。 すぐに家を相続できるわけではなく、条件を満たせばというところなのですが、ジャレットは前向きに前向きに課題をクリアします。 読み終わってから、娘はハーブにすごく興味が出たらしく、家でも育てられるかとか、エッセンスはどこに売ってるのかと自分でも何か作りたいようでした。 ハーブを植える時期ではないので、勘弁してもらいましたが鉢植えが増えるのも時間の問題のようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

きえた魔法のダイヤ [7歳]


なんでも魔女商会 (5) きえた魔法のダイヤ (おはなしガーデン)

なんでも魔女商会 (5) きえた魔法のダイヤ (おはなしガーデン)

  • 作者: あんびる やすこ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2005/11/28
  • メディア: 単行本


シルクの指ぬきにはめられた黒猫のダイヤがどこかに消えてしまいました。
魔法の道具は時々癇癪を起こすので、家出したのではとコットンは心配するが、シルクは喜んで新しいのを買いに行きます。
今回のお客様は十二ヶ月の妖精たち。
おそろいのドレスで新しい年を呼び込むのですが、ドレスを嫌がって二月の妹がいなくなってしまったので、リフォームをお願いしにきたのです。
この、十二ヶ月の、二月の他の妖精たちが嫌な子と初め、娘はぷんすか怒っていました。
二月の妖精はおねえさんたちに「二月は余分で、いらない月」と言っていたからです。
最後は改心してくれるのですが、そこまでのもやもやっとした気分がいっぱいあって、どうしておねえさん達に怒らないのかと怒っていました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドラゴンの正しいしつけ方 [7歳]


なんでも魔女商会 (4) ドラゴンの正しいしつけ方 (おはなしガーデン)

なんでも魔女商会 (4) ドラゴンの正しいしつけ方 (おはなしガーデン)

  • 作者: あんびる やすこ
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2005/07/01
  • メディア: 単行本


おばさんのペットを預かることになったシルク。
でも、あかちゃんドラゴンのピンキーはいたずらばかり。
お散歩の途中でおもわずたぬきさんのボタンを飲み込んでしまい、そのおわびも兼ねて、シルクはたぬきのリリーのワンピースのリフォームをすることになりました。
長く合っていなかった友だちに会うことが不安なタヌキのリリーと、生まれて3ヶ月、いたずら盛りのドラゴンのピンキーが中心になって進んで行く物語でした。
お友達って素敵だなというのと、小さい子が成長していくのを見守るのは楽しかったり、イライラしたり、いろいろあるよねっていうのを感じ取っていたようです。
読み聞かせはしませんでしたが、大人が読んでもほんわか温かい気持ちになれる優しいお話でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る